FC2ブログ

spicaの中のひと。

ショップ最新情報。天然石や創作のこと。たまに脱線。

□■□最新情報□■□

【サーバー移転と新Blogのお知らせ】

ホームページ移転しました
http://spicaspoon.com
ブックマーク・リンクをしてくださっている皆様
お手数ですがアドレスの変更をお願い致します

Blogも新しく始めました
星匙ルームから

今後ともよろしくお願い致します。



【携帯アドレスでwebshopやお問い合わせを頂く際のご注意】
お客様から携帯メールアドレスにてご注文やお問い合わせを頂いた際、
こちらからの確認メールが迷惑メールに振り分けられてしまい、
不達となってしまう事例が多数あります。
こちらから3営業日以内に連絡が来ない場合は、当方のアドレスを
受信許可設定にしていただく、若しくは携帯以外のアドレスから
再度お問い合わせくださいませ。






「まじめな石の勉強会」6月から開催します。

先日の19日、雨の中「まじめな石の勉強会の打ち合わせ」にお集まり頂き本当にありがとうございました。

予定してました場所「五感」が満席で、しかも総勢9人という大人数だったため近くのカフェに移動しての打ち合わせとなりました。

130521_1.jpg

石好きが集まるととても盛り上がりますね。
時間も忘れてあっという間の楽しいひと時でした。

参加者の皆さんの自己紹介も兼ねて皆さんが学びたいことをおひとりずつお聞きし、喜多先生とお話しました。
今後開催にあたっての大体の内容も、喜多先生力作の資料も拝見しつつ(!)この場でお話させて頂きました。

喜多先生、そしてご参加いただいた皆様、ありがとうございました。


打ち合わせが終わり、今後どんな感じで勉強会を進めていくかということ。
言い出しっぺの開催側であり生徒側という立場のわたしスピカの想い。。

喜多先生とのやり取りも交えて、今回はオープンに書かせて頂きますね。

記事は長くなりますが、参加されたい方には知っておいていただきたいので書かせて頂きました。
この辺りを踏まえてご参加ください。この集まりはお茶会などではありません。
遊びでやる時間は喜多先生にもわたしにも持ちあわせていません。やるからには本気です。
"まじめな勉強会"ですので、興味のない方には退屈かもしれません。
よろしくお願いいたします。



まず、喜多 健先生は米国宝石学会の宝石鑑定士さんです。
お仕事は鑑定のほかジュエリーコーディネーター、ジュエリーリモデルカウンセラーなどの講師もされていらっしゃいます。

この業界ではとても長くいらして、多岐にわたり鉱物〜宝石に至るまで、世界的レベルでの仕入れや業界内のあらゆることは網羅されていらっしゃる、すごい方です。
ジュエリー宝石、ルースをメインに扱われてらっしゃいます目利きのプロフェッショナルです。

昨今のパワーストーンなどの知識は、やはり石業界では聞かれることは多いものの全く持っていらっしゃいませんし、困惑されているようです。


☆★☆


わたしは、天然石ビーズや原石ラフ、カボションルースをメインに扱いアクセサリーを創ります。
クラスター、スフィアやタンブルなどの置物系も好きで収集しています。

パワーストーンの意味や名前などは「へぇ〜」くらいです。重要視しません。
業界知識程度くらいで、特別それをありがたがって好んで取り入れることはなく、その世界で価値のあるものでしょうが、高い値を出して仕入れるほど興味はありません。

「石の浄化」は肯定派です。極端にはしませんが…
汚れを落とす感覚ですが、心がこもっていることも大事と考えますし、見た目も綺麗になります。
お客様の気持ちに応えることにもなると思っています。

とにかく自分で直感でいいと思ったものを仕入れます。標本系も好きです。

視覚的、直感的(表面的… ^_^;)な選び方で、鉱物的知識は学んだこともなくここまで来てしまい、皆無に等しいほど。
そうして選んだ石を手で編んだり巻いたりして作る、比較的安価な「アクセサリー」の部類です。

ツーソンショーは2回行きましたが、正直お祭り観光みたいなものです。

石の採掘に関しては、何度も渡米しているのでご存知かと思いますが、かなり大好きです。
この採掘場所に関しては神秘的な場所で理屈で説明がつかない世界だとわたしは感じています。

出身がパワーストーンから入っていますので、客観的に見てもスピリチュアル色が相当強いでしょう。
これは否めません。
否定もしません。体験からそういう世界もないとはいえなくなってしまったからです。

石そのもの、自然の産物であるこの不思議な地球の奇跡とも思える鉱物を、欠片すら愛せるような石好きです。
自分の手でアクセサリーにすることと、ご縁のある方にお届け出来ることに生き甲斐を感じています。

わたしはスピリチュアルな世界であろうがなかろうが
「本物の石」を「自分の手でセレクトし、自信を持って」仕入れて販売する立場上、石をしっかり知って最低限のことは責任をもって説明できることが必要と考えてます。

これは別にお客さまからそれを求められているわけではなく、喜多さんとの出会いで自分のあまりの知識の無さに愕然とし、自主的に勉強したいと経験して思った次第です。


130521_2.jpg


以下、今回の勉強会の打ち合わせが終わってのやりとりさせていただいた、喜多先生からのメッセージになります。
二往復やり取りしたものを先生の文章をメインにまとめています。
内容言葉尻は変えていません。

小さいグリーン文字の(  )内は注釈、及びわたしへの返答による内容なので説明を入れています。自分の意見としてちょっと熱くなり言い過ぎた感があります…先生の言い分もごもっともです…反省。。)

こんなやり取りがありました。ということで。。
敢えて載せさせて頂きます。先生には掲載許可はいただいています。


小さな会で始まるかと思っていた勉強会は、最初から思いがけない好調さです。この勢いが維持されることを願うばかりです。

昨日、皆様のご希望を伺って感じたのは、枝葉の小手先の知識に関心が向いている事でした。その基礎の知識が無ければ、正しく理解する事にはならないのですが、今のところ余りご興味は無さそうですね…。


(spica:わたしが"(皆さんが)基礎的な知識を知らないから興味も行きようがない気がします"と言った事に対して)
たとえ小手先の知識であっても、その背景知識があるか無いかは、結局ご自身の将来展開に関わるでしょう。
お話しされていた『ブルートパーズアクワマリンの見分け方』は、サイズによっては身の回りの物で判別が可能です。
『知らないから興味も行きようがない気がします』から出られるかどうかは、つまるところ好奇心とやる気の有無だけではないか、と思えます。


(spica:喜多先生とわたしたちと扱う(興味のある)商材が違うことに対して)
その通りですね。
宝石を扱う者と皆様とは、天然石を原石のまま扱うか、カット・研磨して宝飾品の一部にするか、の違いだといって良いかと思います。

美しい宝石は、研磨師たちの叡知と努力の賜物です。原石をただ切って、付加価値を付けただけのものでは、ありません。原石の状態では現れない美しさを導きだした結果といって良いでしょう。

宝石は、ジュエリーに仕立てられる事で、その美しさを更に発揮できます。その結果、原石段階よりはるかに高額な存在となります。

その価格差が、興味の分岐点ともなり、誤解を生む理由ともなっているのは、残念な事実です。


(spica:"わたしの中では"ジュエリーで価値のあるもの、高級品だけが素晴らしく、価値の低いものはダメみたいな世界ではないです、に対して)
勿論、私もそう思います。天然石には、天然石のままでなければ味わえない美しさや面白さがあることも、私なりに理解しています。でも、知らず知らずに、宝石でなければ意味がないという雰囲気になっていたなら、容赦願います。


勉強会では先ず基礎から始めて行きますので、初めは『余り面白くない…』という事になるかも知れません。始めにことわっておきます。
皆様にも、せめて専門用語は正しく使えるようになって頂きたいです。

ルーペは、宝石用の物を持たれるように勧めます。
クラフト時に使う低価格品もありますから、吟味が必要です。余り安い変なものを買わないように願います。
(spica:この辺りはまた勉強会にてお話があると思います)


天然石お取り扱いの方々は、『綺麗で面白ければ、名前も品質もどうでもいいじゃない』という姿勢を感じます。でも、最終販売責任は、そんな程度でなくもっと重いものですから、真摯に努力しないと行き詰まる気がします。

そうした事も含めて、勉強会が良い方向に発展することを願うばかりです。

今回のこの企画も精一杯取り組んで、頑張ります。
よろしくお願いします。

KITA. 喜多健



130521_4.jpg


先生とはジャンルも石に携わる歴も違います。その辺り、わたしがあまりにも自分の知っているだけの表面的なことに気を取られてしまっているようで、今のところお互いに方向性が一致しているのか、開催してもすれ違いはないだろうか等若干の不安はあります。

でもチャレンジしてみたい、その価値はあるというキモチは先生と一緒です。

開催、企画側としてわたしはこうしてやってますが、同時に生徒です。
どんな学びになるかとてもワクワクしています!
まずはやってみないとわかりませんから!


個人的には、マジメな勉強を今回はかなり全面に出していますが・・・
折角こうして石好きさんたちが集まるわけですから、勉強が終わった後なんかに時間が許せば、みなさんとカフェなんかしながら「この石ってどうなの?」などのネタ話、「こんな珍しい石持ってきた〜、これ何やろ?」などの石持ち込み話などもしたいなと思ってます(*´∀`*)

仲間同士の交流、繋がりもかなり大切です。
メリハリを持って楽しい勉強会にして行きたい所存です。


130521_3.jpg


勉強会は心斎橋にて、日曜日の月2回の開催と決まりました。

まじめに学びたい方、意欲がある方なら、お商売されていなくてもOKです。
学生さんも歓迎致します。

・これから、将来的に天然石のお店をするのにある程度の知識が必要だと思う方。
・趣味で集めているけど、もっと石や鉱物のことを本気で勉強したい方。
・石の鑑定資格等に興味が有る方(喜多先生はそちらに関しては専門なので教えて下さいます)。
・天然石を扱われるジュエリー、アクセサリー作家さんで今の業界知識に疑問を抱いてる方。
・仕入れ時の目利きを養いたい方。
etc...
スピリチュアル的な意味や石などのパワーストーンの効果やヒーリングの話は学べません。ご了承ください。


今回打ち合わせに参加されていらっしゃらない方ももちろん参加出来ますが、上記内容趣旨をご理解いただいた上でのご参加をお願いします。




「まじめな石の勉強会 第1回目」

■日時■
2013年6月2日(日) 13:30〜16:00

■場所■
地下鉄御堂筋線、長堀鶴見緑地線 心斎橋駅から徒歩5分ほど
ニルヴァーナストーンさん横
南船場会館
(大阪府大阪市中央区南船場3丁目7−12)

■講師■
宝石鑑定士 喜多 健氏

■持ち物■
・筆記用具
・カッターナイフ(刃は新品にしておいてください)
・定規
・(お持ちの方は)ルーペ  5/28 追加です!

・飲み物(飲食厳禁ですが、飲み物くらいならOKだそうです。昼食は済ませてきてください)
・見てもらいたい石

■参加費■
2,500円 (当日お支払い願います)

■第1回目の内容■
まだ未定ですが、資料テキストにそっての進行になると思います。
鉱物の基礎知識…専門基礎用語、鉱物世界で定められた正式な構成、成分、成り立ち、名称等
ルーペの話、使い方…etc
(わかり次第更新致します)
※パワーストーン、ヒーリング知識などの勉強は一切ありません※

■お申込み締め切り■
5月30日(木)
(資料制作の関係で今回から設定させて頂きます。あと10日余りと迫っています!ご注意ください)

■お申し込み■
下記フォームからよろしくお願い致します。
↓↓
【「まじめな石の勉強会」お申込みフォーム 】

基本はこちらからの受付でお願いいたします。

※Facebook、twitter、コメント欄でも大丈夫ですが、お名前(本名)と当日連絡のつく電話番号は必ずお申込み時にお知らせください。
また、当日喜多先生に聞きたいこと、知りたいこと、質問が有りましたら是非教えて下さい。
事前にお伝えしておきます!

なお、第二回目は6月23日(日)です。
またお知らせ致します。



大好きな石を通しての皆様との出会いや、共に学べることをとても楽しみにしております。
どうぞよろしくお願いいたします!


告知にもかかわらず、こんなに長文となり失礼いたしました。
ここまでお読み頂き感謝いたします。
スピカ

関連記事
スポンサーサイト



Posted by スピカ on  | 1 comments 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。